ki感震ユニット

  • HOME
  • ki感震ユニット

製品概要

阪神淡路大震災で発生した火災の約70%が通電火災といわれ、その対策として「感震ブレーカー」の設置が注目され、国・都道府県・区市町村でも推奨されていますが、残念ながら普及が進んでいないのが現状です。
 当社ではこの普及率を何とか伸ばしたいと考え、簡単で安心、安価で高性能、すべての建物・住宅に合わせて選んでいただける「ki感震センサー」「ki感震・感熱コンセント」「ki感震ユニット」の3シリーズをご用意しています。

製品説明

製品説明
※画像クリックで拡大出来ます。

感震ユニットは今お使いの分電盤に設置し、2段階で電気を遮断させる事で、災害発生時でも慌てずに避難準備が出来、ご使用になる環境に応じて最も適した対策が可能となります。
地震を感知すると火元となる部分を感震センサー同様に遮断後、照明等の避難に必要な電気は感知から15分後に遮断する事で慌てず、安心安全に避難することが可能です。
又、電気自動車の充電なども避難照明同様の扱いとする事も可能です。
こちらの商品は電気工事業者による設置となりますので必ず施工説明書をお読み下さい。
※選定の際不明な点があればお問合せ下さい。

・HKIA003-A2

<推奨>
一般社団法人 防災安全協会

注文書

ki感震ユニットの注文書です。必要事項を記入しFAX又は記入後用紙の写真をメールにて送信いただくことでご注文いただけます。大口注文の場合もFAXまたはメールにてお問い合わせください。

取扱説明書

取扱説明書です。
取付の際には注意事項を必ずご覧になり、工事業者へお渡し下さい。

推奨賞

推奨賞
※画像クリックで拡大出来ます。